敵「兵器が美しいって、その銃口が自分を向いてもそう言えますか」 ←あのね、全然別の話だ。