実在実習第1期『鍛金』「きつね」 可愛さの中にもどこか儚さの様なものを感じさせる作品にしました。