理想と現実。メイクやダイエットなどの努力不足もあるのですが、顔面の系統や体型の違いでどうしても乗り越えられない壁を感じる…。無地で無難な形の服に落ち着くのであった。