戦国期、イエズス会の宣教師が「人だけが他の生き物と違い魂があり、肉体が滅びても魂は永遠である。」と教え諭した所禅宗の皆さんが「え?年取って体力が衰えると思考も判断力も衰えるじゃん。魂も肉体と比例してるのと違うん?」とマジレスし、以降宣教師は禅宗をボロクソに批判しているの感慨深い。

  • 2019年9月7日
  • 2019年9月7日
  • 宗教