大阪の街を歩いてたら、まったく同じ生地を使った服を着たおばちゃんと遭遇して、思わず声をかけました。