泳げたいやきくん、個としては焼かれた経験は一度きりのはずなのに「毎日毎日焼かれて嫌になって飛び込んだ」ということは群体としての意識があったのではという意見がディスコード上で挙がり一同騒然となった。